WordPress画像アップロード時にHTTPエラーが出る場合の対処法

こんにちは!バンコク在住5年、フリーランスエンジニアをやっている
のせっち@nosecchi01です。

WordPressをインストールした!
テーマもインストールした!
さあ、記事書くぞ!・・・とならないのがWordPress

記事を書く前に色んな設定をしないといけません・・・。
設定で躓いて記事を書く前に挫折した・・・という方も多いです。
今回は画像をアップロードしようとしたら「HTTPエラー」が出た場合の解決策です。

【現象】:WordPressに画像をアップロードしようとしたら「HTTPエラー」と表示される。

画像のようにファイルを追加しようとすると『HTTPエラー』と表示され、アップロードに失敗する・・・
何度試しても同じなので、自分が試した解決策を一つずつ紹介していきます。

ファイルサイズの容量を超えていないか?

画像のサイズが大きすぎてアップロード最大サイズを超えていないかを確認します。
ちなみにエックスサーバー の場合は30MBまでアップロード可能

ファイルサイズの確認方法【macの場合】

・リスト表示に切り替える
ーFinder上の3本線をクリック


・情報を見る
ーファイルを右クリック→情報を見る

ファイルサイズを圧縮する

画像圧縮はjpeg, png問はず、TinyPngが圧倒的にオススメです。

プラグインの相性が悪い?

プラグインを入れすぎていると、プラグイン同士が競合して悪さをする事があります。
一度プラグインを全て停止し、画像をアップロード。成功したら、一つずつ有効化し何が邪魔していたのかを確認します。

地味ですが、エラーチェックはこうしたとても地道な作業の積み重ねです。

サーバー側のphp.iniを編集

<手順>エックスサーバーの場合

  1. エックスサーバーのサーバーパネルからphp.ini設定をクリック
  2. ドメインを選択
  3. php.ini設定変更をクリック
  4. max_execution_timeを60に変更

エックスサーバーのサーバーパネルからphp.ini設定をクリック

エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。

②ドメインを選択

③php.ini設定変更をクリック

④max_execution_timeを60に変更

それでも解決しなかったら? → functions.phpにコードを追加

自分はこの方法で解決しました。

<手順>

  1. ダッシュボードの外観からテーマの編集を選択
  2. はじめて触る場合は注意事項が出るので「理解しました」をクリック
  3. functions.phpの一番下の”?>”の上に以下のコードを追加

①ダッシュボードの外観からテーマの編集を選択

②はじめて触る場合は注意事項が出るので「理解しました」をクリック

③functions.phpの一番下の”?>”の上に以下のコードを追加

add_filter( 'wp_image_editors', 'change_graphic_lib' );
function change_graphic_lib($array) {
return array( 'WP_Image_Editor_GD', 'WP_Image_Editor_Imagick' );
}

注意点:バックアップを必ず取りましょう!

画面が真っ白になる恐怖

ほんの少しの記載ミスで画面が真っ白になる可能性があります。元に戻せなくなったら詰むので必ずバックアップを取りましょう。
優秀なエンジニアほどこまめにバックアップを取っています。それほどバックアップは重要です!
→バックアップを取るならAll in One WP Migrationがオススメ!

この記事を書いた人

のせっち

福岡県出身。早稲田大学卒。創業100年の鉄鋼商社でバンコク駐在最年少抜擢。毎日擦り切れるまで働かなくても幸せに生きている人々を見てフリーランスになりました。
現在は、主にバンコクでWeb制作、物販を中心に生きています。