【Snow Monkey】ピックアップスライダーに固定ページを反映する方法【1分】

こんにちは!フリーランスWebディレクター兼エンジニアののせっちです。

Snow Monkeyを使ったホームページ制作受託サービスを行なっています。

Snow Monkeyで任意の投稿をスライダーとして表示できる『ピックアップスライダー』を固定ページでも使う方法をご紹介します。

おさらい:ピックアップスライダーの基本的な使い方

  1. スライダーにしたい記事のタグに「pickup」とつける
  2. Snow Monkey Blocksもしくはウィジェットからピックアップスライダーを選択する

当ブログのピックアップスライダーは下記のような感じ。(Snow Monkey Blocks使用)

【Snow Monkey】Webエンジニアの僕がオススメするカスタマイズ総まとめ(随時更新)
  • のせっち
  • 2020年4月2日
READ MORE
Snow Monkeyを使った格安ホームページ制作サービス
  • のせっち
  • 2020年3月20日
READ MORE
【デザイン留学体験談】モンスターアカデミア1ヶ月コースまとめ【メリット・デメリット】
  • のせっち
  • 2019年9月2日
READ MORE

実は固定ページも含まれています。

デフォルトでは、固定ページにはタグを設定できないので、functions.phpに記述をしていきます。

固定ページでタグを設定できるようにする

子テーマもしくは、My Snow Monkeyのfunctions.phpに下記を記述します。

// 固定ページにタグを設定
function add_tag_to_page() {
	register_taxonomy_for_object_type('post_tag', 'page');
 }
 add_action('init', 'add_tag_to_page');

これで固定ページもピックアップスライダーに反映することができるようになります!

My Snow Monkeyの設定方法はこちら

子テーマの設定方法はこちら

この記事を書いた人

のせっち

福岡県出身。早稲田大学卒。創業100年の鉄鋼商社でバンコク駐在最年少抜擢。毎日擦り切れるまで働かなくても幸せに生きている人々を見てフリーランスになりました。
現在は、主にバンコクでWeb制作、物販を中心に生きています。